ブルドックな顔はたるみ治療でぶっとばせ!たるみ治療について調べたよ

ブルドッグ顔になってしまったら

ブルドッグ顔になってしまったら

ブルドッグ顔という言葉がありますが、これは犬に似た悪人相の顔という意味ではなく、ブルドッグのように垂れ下がった顔という意味です。

ブルドッグの顔を想像してみてください。

顔全体が垂れて、目や口の周りに深い溝ができています。

これは犬の特徴であり、生まれた時からこのような顔かたちをしています。

しかし、これが「ブルドッグ顔の人間」であったなら、それは老化したということになります。

たとえば、自分と同い年の芸能人を見ると、ちっとも顔が下がっていません。

それどころか、顔は昔のまま、キュッと引き締まっており、まるで年齢不詳です。

芸能人たちは、常に誰かに見つめられる仕事です。

この「常に見られている」という感覚が、表情や目線、体の動きなどに緊張感をもたらし、それが様々な筋肉を引き締まらせるという、ある意味で最高のたるみ治療と言えます。

顔のたるみは、一度できてしまうと、なかなか元には戻りません。

もちろん、軽度のたるみならば、意識的に表情筋を鍛えれば、多少は回復を望めます。

しかし、深い溝ができてしまったら、そのたるみ治療は、美容整形外科にお願いするしかありません。

メスを使わないたるみ治療がどんどん増えている

高校の同窓会で再会した、クラスのマドンナと呼ばれていた女性の顔が全体に下がっていて、驚いたことがあります。

笑顔が可愛らしかった彼女に不幸なことが起こるはずがないと勝手に思い込んでいましたが、聞けば、嫁ぎ先で苦労をしているとのことでした。

若いころ、いつも笑っていた彼女は、恐らく今は笑顔を作る余裕すらなく、顔の筋肉が下がったまま固まってしまったのかもしれません。

年齢とともに、肌の保湿機能が衰え、誰の肌もハリが無くなります。

普段からよく笑う人や肌の手入れを怠らない人は、対処していない人に比べれば、はるかにたるみが目立ちません。

しかし、一度下がってしまった顔は、もはや顔の筋肉運動やたるみ治療だけで、元に戻るのは難しいです。

たるみ治療について

そんな悩みを解消するために訪れるのが美容整形外科です。

そこでの顔のたるみ治療の中には、耳の後ろや頭の中の皮膚を少しだけ切除して、顔の皮膚を引っ張り上げて縫い合わせるなどという痛そうな手術がありますが、最近ではメスを使わない施術もどんどん増えています。